肌乾燥の原因は水分と皮脂とのバランスが乱れてしまうこと

肌乾燥の原因は水分と皮脂とのバランスが乱れてしまうこと

肌乾燥の原因は、水分と皮脂とのバランスが乱れてしまうことにあります。

 

肌にとって両者のバランスがとれている状態が理想的なのですが、どちらかに偏ってしまったり、どちらも不足してしまうと、乾燥につながるのです。特に冬は空気が乾燥するために肌の表面から水分が蒸発してしまい、乾燥が進行してしまいがちです。また、室内と室外の温度差も激しいので、肌のターンオーバーも乱れがちになります。そのため、冬シーズンは特に注意が必要なのです。

 

まずは自分の肌の状態を把握して、自分の肌に何が足りないのかを考えることが大切です。その上で適切なお手入れを続けることにより、乾燥肌を改善することが出来ます。

 

洗顔の基本は、水かぬるま湯でやさしく汚れを洗い流すことです。熱いお湯は、肌に必要な水分までもうばってしまうので厳禁です。洗顔後は、肌の表面に残った水分を吸い取るような感じで、タオルでやさしく押さえます。タオルはいつも清潔なものを使いたいですね。そうしたら、乾く前に水分補給をしてあげます。すぐに化粧水をつける習慣をつけましょう。そうすることで浸透もよくなり、お肌もよりふっくらとしてくるはずです。

 

さらに乳液もしっかりとつけてフタをし、目のまわりなどの乾燥しやすい場所にはクリーム(美容液)を塗ってあげます。

 

食生活も重要です。美肌づくりに欠かせないのは、やはりビタミンB群です。肌の水分不足やニキビの予防に効果を発揮してくれます。また、肌を本来の健康な状態に戻してくれる作用もあると言われているので、乾燥以外のお肌の悩みにも効果があると思います。豚肉をはじめ、レバー、まぐろ、かつお、卵、乳製品、豆類などに多く含まれているので、積極的な摂取を心掛けましょう。

 

肌が乾燥してしまうといろいろなトラブルを招いてしまいます。シワやニキビだけでなく、敏感肌もうるおい不足が原因と言われます。しっかりと保湿をして、もっちりとしたうるおい肌を目指したいものですね。